出会い系で人妻を狙っていると、誰かいい方法を教えて!と言いたくなりませんか? 周りの友人も自分の経験などからしかアドバイスができないので本当に大丈夫なのか自信が持てなかったり。今すぐ使える方法が学問として確立されているので、今回はそれを紹介します。その方法とは心理学です。

今回は、人妻セフレを作るための心理学を一挙に紹介します!

いつの間にか気になるあいつになる、ハロー効果

ハロー効果とは、ある対象を評価するときに、特徴的な印象によって評価が歪められてしまうという一種の認知バイアスのことです。

例えば、字が上手な人は頭が良さそうといったイメージを勝手に思い込んでしまうのと同じことです。これを恋愛に活かす場合、出会った直後、これから関係性を深めたい、仲良くなりたいという場面で使うことができます。毎日挨拶だけでも声をかけたり、顔を合わせる機会を増やすことで、本当はそれほどじっくりと話をしたこともないのにハロー効果によって「仲が良い人」という思い込みが発生します。相手にそう思ってもらえるようになるとデートも誘いやすくなります。

好きと伝えれば好きになる、好意の返報性

相手から好意を示されると、それに対してお返しをしなくてはという心理が働きます。これは特に日本人には有効な心理学です。「好き」と言われたら、その好意に対して何か返さなければと思ってしまうのです。つまり、人妻に好意を伝えれば伝えるほど自分もなんだか相手のことが好きになってしまいます。逆に悪意を伝えれば、それは同じように悪意になって返ってきます。

一気に仲を深める、自己開示

相手に頼られている、信頼されていると感じることはとても嬉しいことです。男性であれば自尊感情が強いので特に頼られることに対して喜びを感じます。恋愛においては「相談」という形で使うことができるでしょう。ただし、相談する際は、「将来どうしよう」「仕事、つらいんだよね」という漠然とした悩みはかえって迷惑になるので注意です。また、ただの愚痴になってしまうのはかえって株を下げてしまうだけなので、具体的な相談事をもちかけるようにしましょう。

自分の印象を良くする、ウインザー効果

自分で「おれ、優しいよ」という言葉と、第三者に「あの人優しいよね」という言葉、どちらが信憑性がありますか?もちろん、後者ですよね。ウインザー効果とは第三者から得られた情報の方が信頼性が高くなるという心理学です。これを恋愛に応用すると、共通の友人を介して自分の良い噂などを意中の相手に流してもらうという方法があります。すると、自分で自分のいいところを説明するよりも効果的に相手に伝わります。たとえば、人妻を口説くときに行きつけのバーなどにいって、仲の良い店員の口から自分のことを話してもらうなんていうテクニックに利用できますね。