1週間前に私は、人妻(33歳)と出会い系サイトで知り合い、エッチしてしまいました。

きっかけは、彼女が書いている日記に『最近、主人と夜の生活が、うまくいっていない。』と書かれていたので、気になって『大丈夫?』とメールをしたら、『ありがとう!』と返事が来て以降何度かメールでのやり取りをしたら、『1度会って話したい。』とメールが来たのです。

もちろんOKして、会ってみると、彼女は、33歳の割には、とても若く見えて、こんな彼女とエッチしないしなんて!と思いつつ、彼女の話を聞くと、彼女は、専業主婦で、時間があるので、いつもエッチのことばかり考えているのですが、ご主人は、仕事があるので、エッチは、土曜日の夜にするのが定番になっているのだそうです。

彼女としたら、平日もしたいのですが、次の日仕事だからと言って、してくれないんだそうです。

これは、難しい問題かなと思いました。

男としては、エッチしたいけど、仕事で疲れて帰ってきて、エッチするのは。

しかも、帰ってくる時間が夜9時頃だと余計にしたくなくなりますから。

そこで、私が冗談で『他の男性とエッチしたら?』と言ったら、『そうしようかな。じゃあ、今日する?』と言ってきたのです。

私は、とっても嬉しいですけど、『ホントにいいの?』と聞いたら『いいの。だって、してくれないのなら誰か探すしかないじゃない。』と言われて、納得しましたけど、彼女、エッチしたいんだなと思いました。

『今日は、ご主人大丈夫なの?』と聞いたら、『今日は、友人と飲み会があると言ってるから大丈夫!』と言われました。

時間がないので、彼女とは、ご飯を食べてから、すぐにラブホテルに行きました。

部屋に入ると、お互いに服を脱いで全裸になると、一緒にシャワーを浴びて、さっぱりした後、ベッドへ。

その時、じっくりと彼女の全身を見たのですが、ホント、33歳には、見えない体で、くびれもちゃんとあるし、おっぱいも全然垂れていないし、とても美味しそうでした。

その美味しそうな体を舐めると、彼女から『ああ!いい!』と声が出て、感じ始めた様子。

さらに、とても感じる乳首を私の舌で、ツンと突いただけでも『いやん、ああん!』と声を出してとても感じていました。

次に私は、彼女のお〇んこに顔を埋め、お〇んこを見ました。

こちらも体同様にとても33歳とは思えないピンク色をしていて、つい見入ってしまいました。

そして『お〇んこ、綺麗だね。』と私が言ったら、『恥ずかしい。見ないで。』と言いましたが、さらに見続けると『ほんとに、見ないで。』と体をよじってきたので、両手で、足を固定して、さらに見続けると、『もう、見ないで~。』と言った後、白い液体が、彼女のお〇んこから湧き出るように出てきたのです。

その白い液体を舐めると、『あああ!いや~、キモチイイ!』と彼女は、今までよりも大きな声を出して、感じていました。

その後、69の体勢となり、彼女が私のお〇んぽを舐め始めました。

最初は、先っぽを中心に舐めていましたが、その後、竿、そして、袋まで舐めてくれました。

袋は、吸うように舐めてくれたので、とても、気持ち良かったです。

私も負けじと右手で、彼女のクリトリスを触りながら、お〇んこの中を舐めていると彼女から『お〇んぽ、いれて。お願い!』と言ってきたので、入れることに。

彼女に最初は、どんな体位がいい?と聞いたら、小さい声で『バックがいい。』と言ったので、バックで入れることに。

彼女を四つん這いにさせ、お尻の穴が丸見えの状態で、ドンドンと彼女のお〇んこの中に入っていく私のお〇んぽ。

お〇んぽが入るごとに『ああ、いい!、入ってく~。』と声を出す彼女。

そして、私が腰を動かすと『あん!、あん!あん!』と腰の動きと連動するかのような声を出して感じる彼女。

彼女の声は、ほんとたまりませんでした。

次に、騎乗位をして、彼女のお〇んこが、私のお〇んぽを包み込むように入れた時、彼女から『奥まで入りそう。ああ!入った~。』と声をだしたのです。

騎乗位でも、私の動きに連動して、『あん!、あん!あん!』と声を出し、最後は正常位で、『ああ!いっちゃう!!いく~』と声を出して、絶頂感を味わい、その後、私のザーメンを口元に受けて、ザーメンの味も味わいました。

終わった後、『とても、気持ち良かった。今日あなたとエッチ出来て最高だった。』と言われました。

その後、彼女とは、平日の昼間にエッチしています。

ただ気をつけてください。「人妻とバンバンセックスしているときには不倫バレに注意」なのです。それだけは徹底的に気をつけるのです。

大切なのは、不倫をしていることを誰にも話さない、相談しないということです。まず終始行うことは「どんな証拠も残さない」ということ。